「研究」 一覧

神を「人」と数えること

2023/04/08   -研究

過日、青柳まやさんから、論文の草稿を見てくれるよう頼まれた。青柳さんの論文は、『先代旧事本紀』の、ニギハヤヒの降臨神話について論じているのだが、そこに引用された「天孫本紀」の本文を見ていて、思わぬこと ...

象川(きさがわ)二題

2023/03/25   -研究

いま、ネット配信のカルチャー講座の収録を行っている。『万葉集』について、話している。次回の収録では、大伴旅人(おおとものたびと)を取り上げるのだが、その準備をしている中で、象(きさ)の小川について書い ...

団塊の世代から

2023/02/18   -研究

世代という言葉は、親から子、子から孫へと移行するそれぞれの代、というのが本来の意味で、その期間は、大凡(おおよそ)30年とされる。一方、同時代に生まれ、共通の価値観や思考をもつ人びとを、その言葉で呼ぶ ...

研究者の文体

2023/01/02   -研究

私の書いた本が、一般の読者の目に触れることは、残念ながらあまりない。 AMAZONのカスタマーレビューなどを見ても、感想が寄せられるのは、ごく稀(まれ)である。 先日、偶々(たまたま)、私の『古事記私 ...

里見弴の「椿」

2022/12/17   -研究

知人のNさんから、長野の信州新町の有島生馬記念館に立ち寄った、というメールをもらった。有島三兄弟の資料がいろいろと保存されているという。Nさんのご主人は、三兄弟の一人、里見弴(さとみ・とん)に私淑して ...

千早振る

2022/11/20   -研究

昨日(11月19日)の午後、紀尾井ホールで催された、「第十回 青山よかちょろ落語会」を聴きに行った。青山高校落語研究会のOBたちが演ずる会である。OBといっても、演者の大半は、すでに八十路を越えており ...

……させていただきます

2022/11/16   -研究

近年、耳障りに感じられる言い回しが、標題にした「……させていただきます」である。 使う側は、丁寧な言葉遣いだと思っているのかもしれないが、時に、おかしな使用例もあったりする。 過日、死刑をめぐる軽口放 ...

平曲への疑問・続

2022/11/06   -研究

先のブログ「平曲への疑問」の補遺になる。 先のブログでは、狂言の「平曲」について記したが、少し気になることがあったので、「狂言記」を開いてみた。新日本古典文学大系『狂言記』である。 「狂言記」(正編・ ...

平曲への疑問

2022/11/03   -研究

一昨日(11月1日)、専修大学の生田校舎で、兵藤裕己氏の講演「盲僧(琵琶法師)の語り物伝承をめぐって」を聞いた。 兵藤氏が、長年にわたって、ほぼ独力で採録した、最後の盲僧(琵琶法師)ともいうべき、山鹿 ...

辞書は引くもの・続

2022/10/31   -研究

辞書の説明が当てにならないことについて、もう少し書く。これも、古語辞典のことになる。 古語辞典の語義の説明は、その言葉が現代語の何にあたるのかを示す。多くの場合、①○○、②△△、③××、④□□……、の ...

Copyright© 多田一臣のブログ , 2024 AllRights Reserved.